§001 マザーグースとは?

と、いうわけには行くまいの。

しかしながら、究極の結論としてはこれが最も適切であり、これ以外に説明できる言葉がない。
とはいえ、もう少し解説を続けてみよう。

3.英国伝承童謡

一般的にはマザーグースは「英国や米国で親しまれている、英語の伝承童謡の総称」と説明される。
あるいは、「英語のわらべ歌」と言われることもある。

歴史的には16世紀ごろにはすでに伝えられていたものと推測され、17世紀における大英帝国の植民地政策により、世界に広まったといわれておる。
もちろん、活版技術の向上による書籍の普及というのも、要因の一つであろう。何より、口伝により今日まで伝えられたことの貢献度は高い。

マザーグースの総数については600程度というものもあれば、1000以上だというものもある。

文章による伝承でなく、口伝による伝承のため、まるで伝言ゲームのようにところどころに変更や追加が行われ、多くのバリエーションが存在していることも理由の一つだ。

また、マザーグースというものが、確固たる定義を持たぬまま伝えられたため、どこまでをマザーグースとすべきなのか。。これによっても異なると思う。
例えば、諸君らのよく知っている「きらきら星」。
これもマザーグースの一つとして紹介している本が多いが、これは18世紀にフランスで誕生したシャンソンであり、それにイギリスの詩人、ジェーン・テイラーが1800年初頭に英語の歌詞をつけて童謡として世に広めたことがわかっている。

したがって、マザーグースを「(16世紀頃を起源とする)英国の伝承童謡」とするならば、「きらきら星」はその範疇に無い。
そのため、これをマザーグースと呼ぶのはふさわしくない。と主張するものも少なからず居るが、多くはマザーグースの歌の一つとして紹介する方が一般的である。

このことから、英国伝承童謡はマザーグースの要素の一つだじゃが、決してそれがマザーグースの定義でない。というわけじゃ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA