M010 ばあさん座って

M10 Old Woman Sat Spinning


ばあさん 座って 糸つむぐ
これがお話のはじまりさ

ばあさん 仔牛を 飼っていた
これでお話のはんぶんさ

ばあさん 仔牛の シッポをつかんで
壁の向こうへ放り投げた

これでお話はおしまいさ!


There was an old woman sat spinning,
And that's the first beginning;

She had a calf
And that's half

She took it by the tail,
And threw it over the wall,

And that's all!
Nursery Rhymes of England LXVIII

この、ぶっ飛び方が大好きです。

spinning-beginning calf-half tail-wall-all の韻も素晴らしい。
糸をつむいでいるおばあさんが突如、飼っている仔牛の尻尾をつかんで放り投げるという、
意味の分からないナンセンスぶりに加えて、お話はそれでおしまい。と締めくくる潔さ。

イギリスの有名なコメディ番組、「モンティパイソン」を思い出してしまいます。

イギリスのユーモアって、たぶんこういうところにあるんじゃないでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA