M018 ヘクター・プロテクター

M018 Hector Protector


ヘクター・プロテクター 緑ずくめの服を着て
ヘクター・プロテクター 女王陛下の許に来た

女王陛下は彼を嫌い
国王陛下からも疎まれて

ヘクター・プロテクター 送り返された

 

 

 


Hector Protector was dressed all in green;
Hector Protector was sent to the Queen;
The Queen did not like him,
No more did the King;
So Hector Protector was sent back again
The Oxford Dictionary of Nursery Rhymes

ヘクターとはギリシャ・ローマ神話に出てくる英雄の名前。
プロテクターは守護する人の事で、ヘクター・プロテクターは「女王の護衛人」といった感じです。

一説によると、ヘクターのモデルはエドワード4世、リチャード3世の父親、第3代ヨーク公のリチャード・プランタジネットだとか。
彼は、王妃マーガレットによって2度もアイルランドに追いやられた事があるので、その事を意味しているのでしょうか。
プランタジネットとはエニシダの意味なので、それを「緑ずくめ」で揶揄しているのかもしれません。

この説とは別に、「緑ずくめ」のイメージから豆を意味しているという説もあります(エニシダもマメ科ですが)。

料理に入っていた豆を嫌いな女王が、国王のさらに豆を乗せたんですが、国王も豆が苦手でそっと女王のお皿に戻した・・・なんて微笑ましい情景が思い浮かびます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA