M039 フランス国王

M039  King of France


フランス国王丘に登った
4万人の兵士を連れて
フランス国王丘を下った
そして二度と登らなかった


The King of France went up the hill,
With forty thousand men;
The King of France came down the hill,
And ne'er went up again.
the Oxford Dictionary of Nursery Rhymes 

軍勢については、半分の2万というバージョンもあります。
チャールズ1世(在位1625―1649)の時代に流行ったライムだとか。
ただ、ナーサリーライム研究家のオーピー夫妻の調査によれば
17世紀、18世紀の歌の本には掲載されていないようです。

韻というよりリフレインでしかなく、短いためライムというよりは
たんなる囃子ことばのようなためでしょうか。
それでも現在も残っているのは口承による為が強く、その意味でも
口承童謡としてもマザーグースの代表かもしれません。

このライムに出てくるフランス国王。
フィリップ4世(1268-1314)の事だとか、
アンリ4世(1553-1610)事だとか諸説あります。
(ピピン王やナポレオンに置き換えられることもあるとか)
いずれにせよ、かなり馬鹿にした歌のようです。


文献によっては4万人の軍勢で山に登り下りてきた時は一人きり・・
つまり戦に負けて、一人逃げ出して、決してもう戻らなかった。
というような解釈もあり、長きにわたる英仏戦争の歴史が生んだ
ライムであることは間違いありません。

勇敢なる老ヨーク公』を連想させるライムなので合わせて楽しんでください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください