M035 いびつな男

M035 There Was a Crooked Man


いびつな男がおりました
いびつな小道をあるいたら
いびつな木戸のその裏で
いびつな小銭を拾ったと

いびつなネズミをつかまえた
いびつな猫を買って帰り
いびつな小さい彼の家
いびつに仲良く暮らしたと


There was a crooked man,
And he walked a crooked mile,
He found a crooked sixpence
Against a crooked stile;
He bought a crooked cat,
Which caught a crooked mouse,
And they all lived together
In a little crooked house
The Mother Goose Treasury

 


マザー・グースの定番の一つですね。

意味が難解で、不気味さを醸し出しているのが人気の理由でしょう。
そういう意味では実に「マザーグースらしい」作品。

アガサ・クリスティの小説「ねじれた家」のタイトルはこのライムに由来。
直接、ストーリーとは関係ありませんが、作品の導入部分で使われています。

また、これも直接関係はありませんが、シャーロックホームズにも
“The Adventure of Crooked Man” という短編があります。

crookedを取ってしまえば、なんの不気味さも、面白みもない。
このcrookedが全ての名詞に着くことで、偏執的な禍々しさ、
意味不明が不気味さが出てくるんですね。

だから、このcrookedをどう訳すか。

本来の意味は「曲がった、屈折した」なんですが、個人的にマザーグースの
日本訳を読むときの一番の鑑賞ポイントだったりしています。

竹久夢二さんは「つむじまがり」
北原白秋さんは「背骨まがり」
谷川俊太郎さんは「ひねくれ」
和田誠さんは「まがまが」
といった感じですね。

私は、先生方とかぶらないように、消去法的に考えて結果
「いびつ」となりました。

でもこの訳、結構気に入っています

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください